青い光

日常には、目に悪影響を及ぼす青色の光が溢れています。青色の光といってもピンとこない方が多いかもしれませんが、代表的なものを挙げると、紫外線のUV-B波が青色の光に近いものです。

ほかに、白い蛍光灯も、青色の光をたくさん含み、パソコンなどの画面も、青色の光を照らして画面を見せています。
これらの光は、UV-B波と非常に近いもので、たくさん浴び続けることで目に影響してしまいます。
目に疲れを感じるという初期症状から、悪化していけばドライアイ、飛蚊症、眼精疲労と、あらゆる目の病気を引き起こす恐れがあるのです。

この青い光を吸収してくれるのがルテインという成分です。
ルテインは、カロテノイドの一種ということで、緑黄色野菜などが多く含んでいる成分です。

動物の目にもルテインはもともと備わっているのですが、加齢やパソコンの使用などの目を酷使する生活習慣によって、徐々に失われていっているのです。このルテイン不足によって、若い世代にはなかったドライアイや眼精疲労といった症状が、若年齢化していっているのです。


飛蚊症という目のトラブルが急増しています。もしこの病気になってしまったら、活性酸素の対策が重要になります。そして目に負担をかけるようなことはなるべく避け、正しい食生活を心がける必要があります。



更新情報

2012/04/13
ルテインは光でを更新。
2011/02/26
選び方更新
2011/02/26
ルテインは光で更新
2011/02/26
サプリメント紹介更新
2011/02/26
摂取方法更新
2011/02/26
ルテインフューチャー更新
2011/02/26
ホームページリニューアル
ルテインは光で|ルテインフューチャー 2011年12月04日

↑ pagetop

SIDE MENU

お勧め関連サイト


DHC
有名な会社の通販オンラインショップです。

サプリンクス
海外のサプリメントなど取り扱っております。

健康マトリックス
かっこいい配色のサイトです。